幸運をもたらす鏡の使い方とタブー(玄関編)

風水

鏡は風水では幸運を呼び込むアイテムです。縁起の良い物を映し出せば縁起の良さが2倍になり良い気を四方に広げてくれます。玄関に鏡を置くと外から入ってきた気を家の中に広げる役割をしてくれます。

玄関の鏡は扉から見て左右の壁に掛けたり、置いたりしてください。左側は金運と財運、恋愛運アップで、右側は人気、対人関係運、仕事、出世運、健康運です。

タブーは玄関の扉の正面です。玄関を開けた時外からいい気が入ってきても、折角の気を全て跳ね返すことになるからです。

それから鏡は頭のてっぺんまで映る高さに掛けることも重要です。鏡の前に立って自分の姿を映した時、頭の先が切れるとその人の運が悪くなってしまうので注意してください。一人暮らしなら自分の身長に合わせて位置を決めればすみますが、特に気を付けなければならないのは、家族など同居の場合です。背の低い人の顔に合わせて鏡を置くと、背の高い人が顔を映すと頭が切れることがありがちです。そうなるとこの背の高い人の運がダウンしてしまいます。鏡は家族の誰もが頭のてっぺんまでちゃんと映る位置に置くようにしてください。首から下が切れる分には気にする必要はありません。

鏡を使って欲しい運を呼び込みましょう。

ここまでご覧頂きありがとうございます。

感謝

松岡三由

風水鑑定

風水で運命を変え幸せな未来を手に入れましょう。 生活環境に風水の自然の力を取り入れ、開運のアドバイスをさせて頂きます。

風水鑑定のご依頼はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました