ブログ

沢尻エリカの夫、高城剛の姓名判断

先日鑑定した沢尻さんの旦那様、高城さんを今回はみてみます。
天格 20  
人格 20大凶数

外格 11吉数

地格 11吉数
総格 30凶数
地格(30歳代前半まで強く出る)11ですと、
30歳ごろまでは身体は丈夫で聡明、バイタリティーに満ち溢れて、
負けず嫌いな面もあり筋の通らないことは大嫌いなたいぷが多い画数です。
人格は20で大凶数! (30代半ばから50代半ばまで影響が強く出る格)
対人関係では、自分が悪くなくてもトラブルを招きやすく、心の病に苦しむ人もいます。
自分の思うように事が運ばないとヒステリックな気分とってしまい、家庭運も良くありません。
ただし、勝負にかけるような職業で成功する可能性はあります。
(大凶というのは、場合によっては運が強いというようにもとれるので、
凶を吉に転じるパワーやきっかけが本人や何かであれば、とてもいいことが起こる
人も時々現れるのです。)
この強い運を吉に変えていけたら成功するが、基本的には波乱の画数です
外格(人間関係などをあらわす)11は吉数です。
洞察力、行動力にすぐれていて、前向きに仕事に取り組み、
よきアドバイザー、知人にも恵まれます。自由業やジャーナリストに向いています。
総格 (晩年に強く出る格)30は凶数です。
総格30だと、満開の時期は短いことが多いようです。
多くの人に囲まれ、チヤホヤされる幸運期を過ぎると
突然、虚無感や、虚しさを味わうでしょう。
巨万の富を得て大金を動かすこともあるが、最終的には凶と出ることが多いです。
次に、人格と天格、地格のバランスを見てみました。
人格と天格でみると、20と20で五行で水と水になります。
知能指数が高く芸術感覚がありますが、晩年には変化、別離と穏やかな生活はなさそうです。
また、人格と地格では20と11(水と木)、仕事はどんどん一流となりますが、
晩年に急転、家庭崩壊の暗示です
このように、総格で出ている晩年の悪さに加え、人格と天格や地格のバランスをみても
晩年は悪いことがおこりやすいという風にでていますね。
今は飛ぶ鳥を落とすような勢いでさまざまな分野の垣根を越えて活躍されている
高城さんですが、晩年は注意が必要でしょう。
50代半ば以降、彼がどういう人生を歩むのか興味があります。