姓名判断とは

姓名判断(せいめいはんだん)とは、人の姓名から、後天的な運勢を知ることができるものです。

姓名には、その方の性格・生まれ育った環境から過去・現在、これからの適職、結婚運、家庭運、健康運等人生の運勢全般について知ることができます。逆に言えば自分の姓名を知ることでこれからの運勢を変えることができるともいえるでしょう。

運は、あなた自身の考え方一つで変えられるのです。

松丘式姓名判断の特徴

これからご説明する姓名判断の基本は鑑定結果を確認する時の参考としてお役立てください。一般的な姓名判断の方法は、人の姓名の字の画数から、五つの格数(五画運)を算出し、それらに与えられた伝統的、経験的な解釈を行います。

姓や名が各一文字の場合、姓名の基本は各二文字のため仮数を足して判断します。ただし、総格だけには数えません。

そして守護数と言うのも見ます。これは、姓名の五格運全体を守る数のことです。守護数の影響は、大きいでしょう。

まず五格運について簡単にご説明します。

姓名には、それぞれ運も含めて特徴があります。最も重要なのは五格運が、それぞれ吉数か否かです。
天格の特徴(苗字)
天格とは、姓の持つ字画です。姓の合計画数を天格数といいます。姓は、先祖代々受け継がれてきたもので、その人の生まれた環境を表します。
人格の特徴
(32才頃から53才頃まで強く影響する)
姓と名のつなぎ部分です。生まれつきの性格・感情・意志など内面的な人間の魂をあらわすとところです。
地格の特徴
(特に32才頃まで強く影響)
地格は、名の部分の画数を合計したものです。基礎運とも前運とも呼ばれ、その人の持つ基盤がどんなものかを示します。
外格の特徴
(対社会や対人関係)
外格は、総格から人格を除いた部分の合計画数です。一姓や一名の場合は、仮数1を加えます。文字どうり外的な環境、周囲の状況を表します。
総格の特徴
(人生全体と特に53歳頃から強く影響)
総格は、姓名の総ての字画数を合計したものです。姓名の画数をすべて合計した総格には、一生を司る「総合的な運勢」が表れます。

姓名判断は一般的に五格と仮数で鑑定します。松丘式ではこれに守護数も見ます

その他の凶配列

総格の特徴(人生全体と特に53歳頃から晩年に強く影響)

姓名は、バランスも重要です。勿論、基本は五格が吉画数であれば良い運になります。
ですが、上図にある事も大切な事です。
松丘式姓名判断では細かなバランスまで鑑定します。

守護数とは

松丘式姓名判断では、守護数と言うのも見ます。これは、姓名の五格運全体を守る数のことです。守護数の影響は大きく、守護数の二つの社会運と家庭運の総格の運で吉凶を判断します。

自分の守護数を知り、守護数の持つ運を引き寄せるスピリチユアルな力で幸運を導き出します。人格の画数に姓の最後以外の文字の画数の合計(社会運)と、人格の画数に名の頭文字以外の画数を足した二つの数(家庭運)です。家庭運は、特殊な数以外は未婚の女性には影響を及ぼしません。