ブログ

姓名判断 小室哲哉さん 「19」のもつ魔力

最近ワイドショーを賑わせていた小室哲哉さんについて

姓名判断をしてみます。

天格 12

地格 19

人格 19

外格 12

総格 31

小室さんは子供の頃から、中年まで(地格と人格が)同じ画数「19」で、これは「波乱の多い凶運数」といえます。

一般的に19格というのは突然の事故などに見舞われるなどハプニングの絶えない数字なので、

名付けには使わない方がよいとされています。幸福に満たされていたかと思うと、一瞬にして不幸のどん底になったりと、浮き沈みが激しい人生になってしまいやすいからです。

ただ、この画数を持つ人は、創造力、直観力が優れていて、特殊な才能を持つ人がまれに出るといわれていて、、芸術、芸能、スポーツなど特殊な世界では成功、活躍する人も見られます。(実際アーティスト、芸能人、お笑い芸人、スポーツ選手などに19という数字を持つ人は多いのです)

小室さんはこの「19」の数字のもつ魔力というか、才能を十分に発揮して音楽界の寵児として上り詰めることができたのでしょう。ただ、やはりこの数字の持つ「波乱の多い」力にもあがらうことができず

生活が安定せず、先日のような事件にもつながってしまったのではないでしょうか。

ただ、彼は基本、人間関係にはとても恵まれているはずです。それは外格「12」をみるとわかってきます。

外格「12」を持つ人には、まわりに優しく気遣いのできる人々が自然と集まってきやすいのです。

ただ、彼らの多くが繊細で優しい人たちではあるものの、気の弱い人が多いはずなので、

彼をぐっと引っ張ってリードしてくれるような人に出会うのはなかなか難しいとも言えます。

「19」の影響をもろに受けてか、大変な事件を起こしてしまいましたが、53才ごろから( 晩年の運)は総格「31」の力が強く出てまいりますので、安定した良運がやってくるでしょう。アップきっと最近かなりつらい時期をお過ごしになってきたかとは思いますが、今後運勢は安定していくので、頑張っていって欲しいとおもいます。

一つお酒のmトラブルにだけは注意は必要ですが(笑)合格(「31」のもつ特性のひとつです。)

小室さんがお酒を召し上がるかは存じ上げませんが、もし召し上がる場合、ほどほどに気をつけないと

今度はお酒におぼれてトラブルを起こすことになってしまうかも?!