姓名判断とは

姓名によって自分の性格や運勢を知り、不運を幸運に変えましょう。

生まれた環境(裕福、社会的地位が高い、安心な家庭環境等々)は選べませんが姓名判断で自分の性格や運勢をを知り、良いところを活かし悪いところに対策をとれば運を引き寄せることができます。

姓名判断は古くから伝わる中国の算命学から生まれました。姓名判断では自分の性格や行動の傾向、運勢が分かります。金運、適職、仕事運、家庭運、恋愛運、結婚運、健康運などが占えます。若年から中年にかけての運勢や老後と一生の運の流れも知ることができます。

周囲の人の性格や運を見抜いて人間関係を円滑に

姓名判断ではパートナーや仕事関係の人など周囲の人の性格や運勢を知ることができ、対策を講じて人間関係をスムーズにしたり、自分との相性を見ることもできます。

姓名を変えることでガラッと開運することが可能

もし本名が良くなくても改名をしたり、通称名を使ったりすることで運を変えることができます。自分の望む生き方に合うお名前にすることでご自身の運をデザインすることができるのです。

松丘式姓名判断の特徴

一般的な姓名判断の方法は、姓名の字の画数から五つの格数(地格、人格、外格、総格、天格)を算出し、それらを伝統的に解釈するものです。

松丘式姓名判断では、それに加えて社会運と家庭運まで算出いたします。

そのうえ、姓名と生年月日から五行運というものも割り出し、様々な運の細かなバランスをみていきます。

基本となる五格運について簡単にご説明します。

一般的に以下の五格運が、それぞれ吉数か否かをまずは鑑定します。
天格の特徴(苗字)
天格とは、姓の持つ字画です。姓の合計画数を天格数といいます。姓は、先祖代々受け継がれてきたもので、その人の生まれた環境を表します。
人格の特徴
(32才頃から53才頃まで強く影響する)
姓と名のつなぎ部分です。生まれつきの性格・感情・意志など内面的な人間の魂をあらわすとところです。
地格の特徴
(特に32才頃まで強く影響)
地格は、名の部分の画数を合計したものです。基礎運とも前運とも呼ばれ、その人の持つ基盤がどんなものかを示します。
外格の特徴
(対社会や対人関係)
外格は、総格から人格を除いた部分の合計画数です。一姓や一名の場合は、仮数1を加えます。文字どうり外的な環境、周囲の状況を表します。
総格の特徴
(人生全体と特に53歳頃から強く影響)
総格は、姓名の総ての字画数を合計したものです。姓名の画数をすべて合計した総格には、一生を司る「総合的な運勢」が表れます。

姓名判断はこのように五格をみていきます。松丘式ではこれに社会運、家庭運も加えてみていきます。

その他の凶配列

総格の特徴(人生全体と特に53歳頃から晩年に強く影響)

姓名は、バランスも重要です。勿論、基本は五格が吉画数であれば良い運になります。
ですが、上図にある事も大切な事です。
松丘式姓名判断では細かなバランスまで鑑定します。

社会運・家庭運

松丘式姓名判断では、五格に加えて社会運と家庭運の吉凶まで占います。

社会運は先祖から守られているかどうか、社会的に成功しやすいかをみることができます。

家庭運は家庭がうまくいくか、家庭を守るだけの仕事運があるかなどがわかります。

五行とは

古代中国の根本思想に基づき、大自然は「木、火、土、金、水」の五つから成り立ち、大宇宙のエネルギーとして循環して、人の運に影響を及ぼしているという考えです。松丘式姓名判断ではこの五行を姓名の五格と生年月日から出して占います。性格、金運、結婚運など様々な運、かかりやすい病気など細かな運のバランスをみることができます。