ブログ

愛犬 ヨークシャーテリアとメアリーポピンズのアンドリュー

今日は我が家にいるヨークシャーテリアのラランくんに靴下をはいてもらいました。

膝が外れやすくフローリングだとすべって危ないので

靴下(滑り止めがついています)をはいたらどうかなと。

サゲサゲ↓

思いのほか嫌がらずはいてくれましたが、

慣れないせいか歩きづらそうでした。

ヨークシャーテリアはイギリスからやってきたワンちゃんですが

イギリスを代表する素敵な童話メアリーポピンズシリーズにも

ヨークシャーテリアが登場します。

お金持ちのラークおばさんに溺愛されすぎて

靴を履かされたり、外套を着せられて美容室に連れていかれることを

恥ずかしく思うアンドリューくん。

「アンドリューが、ひとに知れない心のおくそこで、ごくありふれた

犬でいたいということを、つよく願っていたからなのです。

ラークおばさんの応接間の壁には、アンドリューの血統書が

掛けてありましたが、アンドリューは、そのそばを通るときには、

いつでも、はずかしくって身ぶるいするようでした。」

アンドリューくんと同じようにラランくんも靴下を恥ずかしいと

思っているのかしらとふと思いました。

余談ですが、メアリーポピンズの素敵な挿絵を描いた

メアリー・シェパードのお父さんは「クマのプーさん」の挿絵を

描いていたそうです。

コメント

  1. 慶汰 より:

    ラランちゃん可愛いですね!
    ワンちゃんは家族の一員ですね。又かすがいです。
    私も以前飼っていました。すでに亡くなっていますが情も移り今でも良く思い出します。